• 診断用品質
  • 医療規格
  • 品質管理ガイドライン
  • 製造品質規格
  • 安全規格
  • 環境について
  • ディスプレイ検索

診断用品質


I-Guardをお薦めする10の理由(I-Guardは、医療用フラットパネル・ディスプレイ用フロント・スクリーンセンサー技術です)Read the full storyPDFPDF

フラットパネル・ディスプレイは、フル・デジタル・ディスプレイに最も近いと言えるものですが、LCDの基本動作原理には今なお、いくつかのアナログ技術が含まれています。適切な補正を施さない限り、LCDには、医療アプリケーション向けとして完全とは言えないいくつかの問題が存在します。

医療用ディスプレイ・システムを使用する10の理由Read the full storyPDFPDF

標準的なコンシューマー用ディスプレイと比較した場合、医療用ディスプレイは、画像診断という用途に特化した設計がされています。この文書は、医療専用ディスプレイ・システムをお薦めする10の大きな理由を提示します。

デジタル・マンモグラフィに関する臨床的観点――マンモグラフィ・ディスプレイの選択を評価するRead the full storyPDFPDF

マンモグラフィ画像の閲覧に関して、優れたディスプレイと、そうでないディスプレイの差はどこにあるのでしょうか?入手可能なマンモグラフィ・ディスプレイの各製品を厳密に評価することは、画像取得機器を評価することと同じくらい重要です。この文書は、マンモグラフィ・ディスプレイ購入に際しての、重要な検討事項に焦点を当てています。

CRTディスプレイとLCDディスプレイの特性Read the full storyPDFPDF

医療アプリケーション向けに適切なディスプレイを選択することは容易ではありません。しかし、医療用ディスプレイが満たすべき最低限の仕様を明確にするアドバイスは多数あります。

診断用カラーディスプレイRead the full storyPDFPDF

医療画像化市場に、新世代のディスプレイが今まさに登場しようとしています。この文書では、カラーディスプレイの仕組みと、カラーディスプレイが最低限備えるべき必要条件について概説します。さらに、新世代ディスプレイの臨床的利点についても説明します。

Coronis Fusion 6MP DLの臨床性能を評価するRead the full storyPDFPDF

医療用カラーディスプレイは、グレースケール・ディスプレイよりもはるかに幅広い用途を有しているものの、グレースケール・ディスプレイと同等の診断品質を本当に提供できるのかという懸念を持たれてきました。このホワイトペーパーでは、肺結節検診用のディスプレイ・システム3製品の臨床性能について説明します。具体的には、3メガピクセルの標準的カラーディスプレイ、バルコのCoronis 3MPグレースケール・ディスプレイ、バルコの新しいCoronis Fusion 6MP DLカラーディスプレイです。

グレースケール解像度:どれだけならば十分か?Read the full storyPDFPDF

8ビットの入力を12ビットに拡大して表示する方が、10ビットの入力を10ビットで表示するよりも優れているのでしょうか?ビット数が多ければ、高い画像精度が保証されるのでしょうか?このホワイトペーパーでは、解像度を定義する基本概念を説明し、続いて、各トポロジの画像精度性能を比較します。

医療画像化向けIPS-Pro技術Read the full storyPDFPDF

医療画像診断向けのIPS(In Plane Switching)LCD技術は、他のLCD技術と比べて優れた臨床的利点を数多く持っています。IPS-Pro技術の登場によってこの傾向はさらに進み、多くの点で重要な改善がもたらされています。

放射線科医の能力を高める医療用ディスプレイRead the full storyPDFPDF

この文書では、放射線科医のパフォーマンスにおいて医療用ディスプレイの技術特性が顕著な違いをもたらすことを示す、最近の研究結果を紹介しています。

医療用グレースケール・フラットパネル・ディスプレイの「画素欠損」Read the full storyPDFPDF

最先端のグレースケール医療用ディスプレイへの移行により、画像精度はCRT技術に比べて大きく改善されました。しかしLCDでは、画素欠損(「ドット落ち」)などの新しい問題が生じています。この文書では、現行のLCD技術における画素欠損について説明します。

オンラインサービスによる医療用ディスプレイ精度管理Read the full storyPDFPDF

キャリブレーションと精度管理ツールには多額の投資が必要であり、そのことが、これらのツールの採用と市場での普及を大きく妨げています。この文書では、あらゆる医療機関の要求に適合する革新的なビジネスモデルを紹介します。

DICOM規格Read the full storyPDFPDF

DICOM規格は2000ページ以上にも及びます。幸い、放射線科に所属する大多数のスタッフにとっては、DICOMについて知るべきことはそれほど複雑ではありません。DICOMがどのように用いられるのかを理解し、いくつかの主要な概念と用語を理解すれば十分です。

面内輝度均一化技術(ULT)Read the full storyPDFPDF

LCD技術はここ数年で大きく進歩しましたが、画面上のすべての領域で表示が均一ではないなど、特有の欠点を今なお抱えています。ULTは、診断画像の表示が、中央から隅までDICOM準拠になることを保証します。

ソフトコピー精度管理が重要である理由Read the full storyPDFPDF

医療機関では、数多くの医療機器に関して、それらの品質を管理するための計画と選任スタッフがいます。しかし多くの場合、診断と検討に用いられる医療用ディスプレイは、定期的な精度管理業務の対象には含まれていません。

ページTOPへ