• セミナー/イベント 日本
  • プレスリリース/ニュース
  • ディスプレイ検索

プレスリリース/ニュース

Coronis シリーズ4MP解像度の新製品Coronis Fusion 4MP DLを発表

10月13日 バルコ、ヘルスケア事業部 (ベルギー、コルトレイク市) 4MP解像度30インチ診断用カラーディスプレイCoronisFusion 4MP DLは2MP2面分の表示を1スクリーンで行う事のできる診断用カラーディスプレイです。カラー表示同様にグレースケール表示も行え、放射線医師の診断効率を飛躍的に向上させます。

詳しくはhttp://www.barco.com/healthcare/pressrelease/2803/を参照ください。

「今日の放射線科の環境では、CT 心臓外科、循環器科、整形外科などさまざまなモダリティーに対応するためカラー表示の出来るアプリケーションが主流になってきています。しかし、画像のボリュームやさまざまな画像を診断する機会が増えるなど、放射線科医の負担は増え続けいています。このことが一台のディスプレイでグレースケールとカラー両方のモダリティーを表示できる、フレキシブルなPACSソリューションの要求へとなっているのです。」
ヘルスケア事業部 プロダクトマーケティング 副社長 リンダ・ドモガラ

フレキシブルなマルチモダリティー表示

Coronis Fusion 4MP DLは放射線科のマルチモダリティー環境に対応する診断用ディスプレイで、中央ベゼルのない、診断画像の比較が快適な2MPディスプレイ2面分として使用できます。もちろん4MPの30インチワイドスクリーンディスプレイとしても使用できます。放射線科で必要とされる効率のよいワークフローをフレキシブルで高効率な読影環境で提供します。Coronis Fusion 4MP DLは6MP のカラーディスプレイや10MPのグレイスケールディスプレイをラインナップしているCoronisシリーズの最新機種になります。

Coronis Fusion 4MP DLはグレースケール表示とカラー表示両方を可能にする独自の診断輝度バックライト技術が採用されています。この技術で1000cd/㎡の最大輝度と1100:1のコントラスト比を実現し、グレー画像とカラー画像を同時に一台のディスプレイで表示する環境に最適な製品で寸。

確実なDICOM準拠

全てのCoronis Fusionと同様に輝度均一化技術で30インチスクリーン全て均一な輝度が得られ、スクリーンのいかなる場所でもDICOM準拠画像が得られます。Coronis Fusion 4MP DLには画像品質を継続し、高品質な精度管理を行うために、バルコ独自のwebベース自動キャリブレーションMedical QA webがセットになっています。I-Guardと周囲光センサーでDICOM準拠が確実に行え、着実な診断結果が得られます。

高速画像表示

Coronis Fusion 4MP DLは高品質と超高速画像ローディングを可能にするAMD FirePro技術を使った先進の高速高品質MXRTディスプレイコントローラを搭載しています。MXRTコントローラーは3ヘッド画像診断用に設計されており、Coronis Fusion 4MP DL と患者リストや他のアプリケーション用のモニターを組み合わせたPACSワークステーションに最適になっています。MXRTコントローラーはDirectXとOpenGLをサポートしており、Windows XP と Windows 7に互換性があります。