• Mammography ディスプレイ
  • Diagnostic ディスプレイ
  • Clinical ディスプレイ
  • Surgical ディスプレイ
    • MDSC-8258
    • MDSC-8255
    • MDSC-8231
    • MDSC-2242
    • MDSC-2326 High Bright
    • MDSC-2226
    • MDSC-2324
  • グラフィックスボード
  • デジタル手術室
  • QAソフトウェア
  • 互換性について
  • ディスプレイ検索

MDSC-2242

  • Gray
  • Color
  • 1920×1080

オペ室用42インチLEDバックライト・HDディスプレイ

  • カタログPDF
  • CE - 93/42/EEC
  • FCC class B
  • UL 60601-1 1st ed.
  • VCCI
  • PSE
  • KETI
MDSC-2242

42インチワイドスクリーン

高解像度、高精細な表示技術による、詳細な病変表示、より正確な色表示は手術用の画像表示ソリューションに無くてはならないものになっています。高精彩表示により外科医は病変に対する認知がより深まり、手術時間を短縮でき、病変に対する処置の認知向上などで、総合的な外科のパフォーマンスが飛躍的に上がります。

冷却ファンによる雑菌やごみなどの散布を避けるファンレス構造

手術室で使用するディスプレイには、ディスプレイパネルの熱処理に冷却ファンを使用していません。これは手術室内で冷却ファンによる雑菌やごみなどの散布を避ける理由からです。パネルのドライブ、ディスプレイの機械的通気構造をデザインすることで冷却ファンが必要ない熱の発生の少ない製品になっています。

冷却ファンによる雑菌やごみなどの散布を避けるファンレス構造

広い視野角

視野角は医療用ディスプレイ、とくに外科用ディスプレイにとっては重要なポイントです。手術室では外科医が必ずディスプレイの真正面に位置するとは限らないので、広い視野角が必要です。バルコの外科用ディスプレイは178°の視野角を持っており、明るさ、色の鮮明さも正面から見たときと同様で、高品位画像表示を広い範囲で維持することができます。